検索する
MENU

お知らせ

内視鏡検査セデーション(意識下鎮静法)について

医療関係者向け

内視鏡検査セデーション (意識下鎮静法) について

消化器内科

 当院では苦痛を軽減する内視鏡検査を受けていただけるよう、重篤な疾患をお持ちで無い患者様にセデーション(意識下鎮静法)を施しています。セデーションは、鎮静剤を静脈注射することにより苦痛を軽減するものです。感覚的には“電車の中で居眠りしている感じ”のぼんやりした感じで内視鏡検査を受けていただくものです。

 検査終了後はベッドに横になったままリカバリー室へ移動し、そのまま30分~1時間ほどお休みいただきます。鎮静剤が効いた状態で歩いていただくことはございませんのでご安心下さい。

 鎮静剤の効果が完全に消えるまで半日ほどかかりますので、検査後にボーッとした感じがしばらく残ります。検査日当日の自動車や自転車等の運転は絶対にお止めください。

 なお、以下の注意事項についても必ずお守りください。

鎮静剤使用後に関する注意事項について

  • 「80歳以上の患者様や、80歳未満でも日常生活動作の低い患者様」については、必ず付添の方と同伴で来院(帰宅)して下さい。
  • 検査終了後、30分~1時間は院内で安静にしていて下さい。
  • 検査日当日の自動車や自転車等の運転は危険ですので、お止めください。

*上記1~3が難しい患者様は無鎮静で検査もしくは、入院して検査します。

一覧に戻る

お知らせ

交通アクセス

  • 最寄駅

    武蔵小杉駅 徒歩14分

  • 住所

    〒211-8510 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1

  • バス

    JR横須賀線 武蔵小杉駅から約10分
    JR川崎駅から約30分
    JR新川崎駅から約20分

外来受付のご案内

  • 受付時間

    平日8:15~11:00(眼科のみ10:30まで)

  • 休診日

    土曜日、日曜日、祝日、国民の休日、年末年始

  • 電話番号

    044-411-3131