検索する
MENU

血液内科

血液内科のご案内

診療科の特色及び治療方針

難治性の貧血、その他の原因不明の血球減少、出血傾向、健診で偶然指摘された白血球増加、1週間以上持続する原因不明の発熱、リンパ節腫脹等の診療に加え、平成22年1月より実質上血液・腫瘍内科としての診療にもあたっており、原発不明がんにも対応しています。当科では、エビデンスに基づき、日本血液学会専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構教育医が最善のテーラーメイド医療を提供します。

英語による診療も可能です。

診療内容・対象疾患

    • 血液疾患全般、不明熱、リンパ節腫大、原発不明がん等を中心に入院患者41.7名、外来患者38.9名(ともに1日平均)の診療を行っています。
      (悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の適応症例に、末梢血幹細胞移植を行っています。)

専門分野

貧血(鉄欠乏性貧血、悪性貧血、再生不良性貧血、胃切除後貧血、自己免疫性溶血性貧血、発作性夜間血色素尿症)、悪性リンパ腫、白血病、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、特発性血小板減少性紫斑病、原発不明がん 等

ガイドライン一覧

血液内科常勤医師募集のお知らせ

当科では診療規模の拡大により若手~中堅(6年目~12年目前後)の血液内科医師を若干名募集しております。当科は症例が極めて豊富で様々な血液疾患を経験することができます。
2010年からは腫瘍内科が併設され血液内科・腫瘍内科合同で診療にあたり様々な癌腫に対する化学療法を行っています。指導医5名(日本血液学会指導医1名、日本血液学会専門医3名、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医1名・指導医1名、日本臨床腫瘍学会暫定指導医1名)が懇切丁寧に指導します。
また初期および後期研修医もローテーション研修しており、大変アットホームかつ自由な雰囲気で、のびのびと仕事ができます。日本血液学会、日本臨床腫瘍学会研修施設の認定を受けており、血液学会専門医、がん薬物療法専門医の取得が可能です。
病院は大規模開発の進む東急東横線武蔵小杉駅徒歩圏内にあり、東京、横浜で頻繁に開催される研究会にも出席可能です。
当科で経験を積んで専門医取得を目指す方、指導的な立場で地域の血液疾患診療に貢献して頂ける方など、希望される方は御遠慮なく腫瘍内科部長(血液内科診療併任)藤井知紀まで御連絡ください。

TEL:044-411-3131(代)

FAX: 044-433-3150

E-mail: tofujii★kantoh.johas.go.jp

メールを送る際は、★の部分を半角@に変更してください。

部長

大野 伸広
おおの のぶひろ

専門分野 血液内科一般、化学療法、分子標的薬治療
資格

部長

佐原 直日
さはら なおひ

専門分野 臨床血液学全般(白血病, 悪性リンパ腫, 多発性骨髄腫, 再生不良性貧血など)
資格 日本内科学会
認定医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会 専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
米国血液学会 認定医
医学博士

副部長

小林 誠一郎
こばやし せいいちろう

専門分野 血液内科一般
資格 日本内科学会
認定医・総合内科専門医
日本血液学会
血液専門医・指導医
医学博士(東京大学大学院)

松永 貴志
まつなが たかし

専門分野 血液内科全般(貧血, 白血病, 骨髄異形成症候群, 骨髄増殖性腫瘍, 悪性リンパ腫, 多発性骨髄腫, 血小板・凝固異常)
資格 日本内科学会
認定医・総合内科専門医
日本血液学会 専門医
ICD協議会認定 Infection Control Doctor(ICD)
厚生労働省医政局長認定
臨床研修指導医
厚生労働省健康局長認定
緩和ケア講習会修了
神奈川県知事指定 難病指定医

血液内科

新患午前 佐原 松永 大野 休診 藤井
再診 大野 佐原 小林 北原
(午前)
松永
藤井

交通アクセス

  • 最寄駅

    武蔵小杉駅 徒歩14分

  • 住所

    〒211-8510 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1

  • バス

    JR横須賀線 武蔵小杉駅から約10分
    JR川崎駅から約30分
    JR新川崎駅から約20分

外来受付のご案内

  • 受付時間

    平日8:15~11:00(眼科のみ10:30まで)

  • 休診日

    土曜日、日曜日、祝日、国民の休日、年末年始

  • 電話番号

    044-411-3131